提供サービス

第三者認証サービス

J CSRは、NPO法人 統制技術研究機構が開発した第三者認証サービスを提供致します。
また、組織が自主的に導入をアピールしたい分野やグループ内での統一ルールの実施運用を証明し、その独自性が持つ価値を広くマーケット(顧客、潜在顧客、社会)に伝えるお手伝いを致します。

サービスカテゴリ サービス 内容
ISMS + ISMS for Privacy
ISMS for FISC

“ISMS for”シリーズは、ISMSを特定リスクに最適化する方法の一つとして提唱しているISMS +のサービスです。
ISMS for Privacyは、JIS Q 27001のマネジメントフレームワークを活用し、JIS Q 15001の管理を導入する仕組みです。Pマークと同レベルのリスク対応が整っていることを立証するものです。Pマーク相当であることを証明する証書が発行されます。また、海外(特にEC加盟国)と個人情報の授受を行う場合は、JIS Q 15001ではなくBS 10012への対応状況を立証致します。
J CSRは、ISMSの認証を下記以外の機関から取得されているお客様にサービスを提供しています。
ISMSの認証も含めてお考えの場合は下記機関にお問い合わせください。
国際マネジメントシステム認証機構株式会社

ISMS for FISCは、JIS Q 27001のマネジメントフレームワークを活用し、「金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準」(第8版)の管理を導入する仕組みです。強固なセキュリティレベルの適用を証明致します。

認証組織一覧
QMS + ISO9004:2009 (JIS Q 9004:2010) を用いたベンチマーク

ISO9004:2009は、品質マネジメントシステムのレベルアップを願う組織のために作成された品質パフォーマンス改善の指針であり、品質マネジメントの持続的成功を達成するための手引を提供するものです。組織の持続的成功は、組織の顧客及びその他の利害関係者のニーズ及び期待を満たす組織の能力によって、長期にわたりバランスのとれた方法で達成されなければなりません。
ISO 9004:2009 は、品質マネジメントに対して多角的な視点を提供し、すべての該当する利害関係者のニーズ及び期待及び、組織の総合的なパフォーマンスの体系的かつ継続的な改善のための手引を提供しています。

J CSRは、お客様の品質マネジメントが、今どのレベルにあるかをこのISO 9004:2009に基づいて検証し報告致します。

脆弱性検査サービス

近年多発しているWebサイトのハッキング事案。Webアプリケーションにおける脆弱性の検査を実施し、対策の程度を客観的に診断いたします。

その他のサービス

【作業の”つぼ”検証サービス】
時間を掛けずに知識・技能を伝承するために、熟練者と実習者の作業の差分を検証するツールを活用し、熟練者の何処が凄いかを明らかにすることによって、実習の “つぼ”をピンポイントにお伝えし支援致します。

【認証ヘルプデスク】
ISOをはじめとする認証や審査、マネジメントシステムに関わる疑問や困り事をメールにて相談を受けます。
メールの件名を「【会員番号】***の件」(***は題名)とし、メール本文に内容を記載下さい。
e-mail: JCSR.Info@jcsr.co.jp
※回答は、順次行うため、即日回答ができない場合がありますので、ご了承ください。
※ヘルプデスクの利用は、企業、認証機関、コンサルタントを問いません。但し、「J CSR友の会」の会員に限らせていただきます。
【会員番号】の記載がないメールについては、返信を控えさせていただく場合もありますので、ご了承ください。

【リスクアセスメント支援サービス】
情報セキュリティやその他ビジネスリスクについて、効果的なアセスメント技法をお伝えします。

このページの先頭へ このページの先頭へ