一般社団法人 日本シーエスアール登録機構

2020年新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の流行によって、日本の安全衛生神話がこんなにもろいものだったのかと思い知らされた方も多かったことでしょう。    "Manage"はご存知のように、困難な中で~を成し遂げる(やりくりする)という意味があり、今、社会が思考停止状態にある中で求められていることは、安全衛生に関する"Manage"ではないでしょうか。

☆.。.:*・。ISO 45001ヘルス&セーフティを自己宣言 。・*:.。.☆


ISO/IEC17050-1 /JIS Q 17050-1の国際(国内)規格に基づくISO 45001自己宣言の概要

ISO 45001(JIS Q 45001)は、職場で働く人やお客様の心身の健康を思いやり、事業(経済活動)との両立を図りながら困難な状況をやりくりする為に制定された国際規格です。一般社団法人日本シーエスアール登録機構(J CSR)は、職場で働く人そしてそこに訪れるお客様の心身の健康を、困難極まる社会環境の中で考え、守ることに一生懸命取り組まれている組織を応援します。私たち認証機関は認証書を発行することしかできませんが、COVID-19対策を含むISO 45001の認証書を無償で提供することで微力ながらこの社会に貢献できれば幸いです。認証は、ISO 45001に従い自己宣言するプロセスの検証を、ISO/IEC17050-1 /JIS Q 17050-1の国際(国内)規格に基づいて実施します。認証取得と継続の流れは簡単です。
  1. IDを取得しログインする。
  2. 説明に従い、安全衛生に関わるマネジメントの中核主題を定め、それに紐づく人を危険に晒す原因(hazard)を特定し、原因の除去とリスク低減策を実行する。
  3. 上記が完了したことを宣言し、認証取得する。
  4. 上記取り込みを継続し、成果を検証する。